山田脩也(仙台育英主将)は兄もイケメン!家族構成やwikiプロフと野球経歴まとめ

高校野球

仙台育英の主将・山田脩也選手は、甲子園で華麗なプレーを魅せて注目を集めています。

昨年の優勝から再び甲子園に戻り、今年も仙台育英から新たな感動をもらいました。

活躍の源となったご家族をはじめ、山田脩也選手をお伝えします。

山田脩也(仙台育英)の家族構成

山田脩也選手の家族は、父・母・兄・姉の5人家族です。

山田脩也(仙台育英)の兄・山田利輝

出典元 mainichi

兄の利樹さんは、仙台育英野球部OB(2018年卒)です。

兄弟そろって爽やかイケメンです。

甲子園(2017年夏)で兄・利輝さん(7番・外野手)は本塁打も放ち、ベスト8まで進みました。

利樹さんの甲子園出場時に、脩也選手がWBSC U-12に選ばれ、台湾で戦う脩也選手にとって大きな励みになったと思います。

兄・利輝さんは卒業後、富士大学に進学し、現在は社会人野球TDKで活躍しています。

山田脩也(仙台育英)の父・山田浩二

出典元 Yahooニュース

8月21日の神村学園戦では、父・浩二さんは応援に駆け付けました。

前日の誕生日(8月20日)には、LINEで
「おめでとう。あと少しだから頑張りなさいよ」とメッセージを送ると、
「わかった。頑張ります」とやり取りがありました。

主将としてチームを引っ張る脩也選手を
「もともとは、自分の世界に入るような物静かな性格」という。

得点時には周囲の家族らと肩を組み喜びあった浩二さん。
「周りに助けられながら成長したと思う。誇らしい」と息子の成長に目を細めた。

引用元 THE SANKEI NEWS

親元を離れ、たくましい成長ぶりに感慨無量だったと思います。

父・浩二さんが野球経験者だったか不明ですが、二人の息子さんは甲子園で大活躍でした。

山田脩也(仙台育英)の母・山田歩

山田脩也主将は、
「自分がチームを引っ張っていく」という思いで昨秋、主将に立候補した。

母・歩さん(45)が
「後ろで様子を見ながらやっていくタイプ」と言う普段おとなしい山田が決意を固めた瞬間だった。

新チーム結成直後の秋季宮城大会決勝で東北に惜敗。試合後、山田はチームメートに告げた。「自分も変わるからみんなも変わってくれ」。この一言が主将として殻を破れたきっかけになったと振り返る。

引用元 デイリー

母・歩さんから見ても、自ら率先して行動するタイプではなかったと心配の声もありました。

自ら主将に立候補したことは驚かれたと思います。

他の主力選手も兄弟の中で「弟」にあたる人が多く「弟ず」とも言われています。

再び甲子園決勝まで一年間チームを牽引してきたことは、尋常な努力ではなかったと思います。

山田脩也(仙台育英)の姉・山田遥

出典元 Yahooニュース

山田脩也選手の姉・遥さん(一番右)は、仙台育英の主力選手の姉・妹で結成する『姉ず』とともに応援していました。

山田脩也選手の姉・遥(はるか)さん
「すごく誇らしかったです。決勝まで連れてきてもらって、本当に感謝しかないです。脩也はいろんな人に支えられながらこの1年ですごく成長してくれて。ちょっと頭に来ることとかもあったと思うんですが、それでも歯を食いしばってやってくれて、ここまで連れてきてもらった。普段はお馬鹿ちゃんなんですけど、野球ってなるとすごく真剣で一生懸命な姿勢が伝わってくるので、野球の面に関しては尊敬できる弟です。帰ったら『お疲れさま。ありがとう』と伝えたいです」

引用元 MBSNews

決勝戦の後のインタビューで、家族の支え、家族の応援が一番支えになったと話していた姿が印象的でした。

山田脩也(仙台育英)のwikiプロフィール

出典元 Yahooニュース

山田脩也選手のwikiプロフィールを紹介いたします。

名前:山田脩也(やまだ しゅうや)
生年月日:2005年8月20日
身長・体重:176cm・71kg
出身地:宮城県仙台市
利き腕:右投・右打
ポジション:ショート

抜群のスタイルで華麗な「ノールック投球」は話題になりましたね!

山田脩也(仙台育英)の野球経歴

甲子園優勝・準優勝を経験するまでの軌跡をまとめました。

山田脩也(仙台育英)の南吉成小学校時代

出典元 SAMURAI JAPAN

6歳上の兄・利輝さんに憧れ、4歳から野球を始めました。

仙台広瀬リトルリーグに所属し全国大会でも活躍しました。

2017年7月28日から台湾で開催された「WBSC U-12」で、日本代表として出場しました。

当時は先発投手も務め、投打で活躍をみせました。

最終順位は4位となりましたが、世界を経験し今後の目標につながったと思います。

山田脩也(仙台育英)の南吉成中学時代

出典元 Yahooニュース

中学時代は「仙台東部リトルシニアチーム」(少年硬式野球チーム)に所属しました。

仙台育英で甲子園に出場することを目指し、高い意識で練習をしていました。

山田脩也(仙台育英)の高校時代

出典元 LivedoorNews

1年春からレギュラー入りを果たし、2年夏で甲子園優勝をしました。

甲子園連覇のプレッシャーの中、2年秋から主将を務めました。

練習以外で、取材をたくさん受けたりコメントを求められることが多かったと思います。

高校生が普通に部活を全うする次元ではない大変な苦労があったのではと思います。

しかし、指導者の須江監督の『思考の交通整理』がしっかり行われていたのか、気持ちはぶれずに決勝まで勝ち上がってきた事実は貴重な経験だったと思います。

出典元 Yahooニュース

甲子園での活躍も走攻守で評価され、再び日本代表としてWBSC U-18に出場します。

山田脩也(仙台育英)の人気インスタグラム

Niftynews

今年の甲子園決勝はとても話題になり、いろいろな感動がありました。

仙台育英の主将・山田脩也選手のインスタグラムも人気です。

インスタグラム #山田脩也   美しいです。

まとめ

以前よりプロの意向を示しており、プロのスカウトから評価もされています。

内野手ですが144キロの投球ができ、遠投は105メートル、50メートルは6.1秒の俊足です。

将来、どのチームに進むかわかりませんが、仙台育英の3年間が大きな力となることは間違いないと思います。

怪我のないよう、これからも活躍を応援したいと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました