尾形樹人(仙台育英)の家族構成は?父親・尾形茂樹の職業や出身高校

高校野球

仙台育英の正捕手・尾形樹人選手は、チームに欠かせない大事な存在です。

尾形樹人選手を支えた父・尾形茂樹さんに注目してみたいと思います。

尾形樹人(仙台育英)の家族構成は?

尾形樹人選手の家族構成は、父・母・姉・弟です。

樹人選手の姉はゴルフ経験者ですが、現在は不明です。

姉・樹さん(一番左)の肩には「尾形樹人タオル」が!
お姉さんのガッツボーズから元気が届いてきますね!

尾形樹人(仙台育英)の父・尾形茂樹のプロフィール

父・尾形茂樹さんのプロフィールをご紹介します。

名前 尾形茂樹(おがたしげき)
年齢 45歳か46歳(昭和52年度・1977年度生まれ)
出身地 宮城県登米市
出身高校 仙台育英学園高校(1996年3月卒業)
出身大学 東北学院大学
甲子園出場 1995年夏(ベンチ入り)3年次
現在 スポーツ用品会社を経営

宮城県登米市は石巻市の北側、南三陸町の西側に位置します。

朝ドラ「おかえりモネ」の舞台にもなりました。

尾形樹人(仙台育英)の父・尾形茂樹の出身高校はどこ?

父・尾形茂樹さんは仙台育英学園高校出身です。

1995年の夏に仙台育英が甲子園出場した時は、3年生でベンチ入りをしていました。

この時に対戦相手は岡山県の関西(かんぜい)高校で、8-7で惜敗しました。

前年の1994年夏はベスト8まで進出していました。

親子2代にわたって同校で甲子園を目指すことはとても素敵ですね。

尾形樹人(仙台育英)と父親・尾形茂樹との野球愛エピソードまとめ

高校時代は仙台育英硬式野球部に所属していましたが、2005年に樹人さんが生まれ、樹人さんとともに第2の野球人生が始まりました。

エピソード①小学生時代

樹人選手が8歳の誕生日に、楽天ジュニアスクール入会券をプレゼントしました

楽天ジュニアスクールで、樹人少年はさらに野球への思いが強くなりました。

茂樹さんは、高橋達也さん(仙台育英・高橋投手の父)と同い年で幼馴染であり、野球経験がありました。

茂樹さんが代表兼コーチ、高橋達也さんが監督として、少年野球チーム「登米友球ジュニア」を立ち上げました。

尾形茂樹さんは仙台育英高校野球部OB、高橋達也さんは東北高校野球部OBでした。
尾形茂樹さんは高3の夏、甲子園に出場しベンチ入りをしていました。

Facebookを拝見すると野球以外のイベントも多く、子供たちも楽しそうです。

今やプロからも注目される仙台育英エースの高橋煌稀選手の当時は、

「甘えっ子でぽわんとしていたので」「ぼけちゃん」とみんなから呼ばれていました。

甲子園優勝で地元は大変な騒ぎになりましたが、

「そんなにすごい子たちではないんです。だから不思議な感じで」と話しています。

引用元 朝日新聞デジタル

普通の小学生と普通のお父さんの話のようですが、野球への情熱や練習は負けなかったのではないでしょうか。

エピソード②中学時代

尾形樹人さんが登米市立佐沼中学に進学した頃、学級崩壊を起こしかけそうな、とてもやんちゃな生徒さんがかなりいたそうです。

※尾形選手、高橋選手はしっかりした生活態度で黙々と努力を重ねる生徒でした。

当時の先生方はもちろん彼らと向き合いましたが、保護者の力を借りることになりました。

やんちゃ盛りの中学生相手に、お父さん方がPTAに参加し「おやじの会」の結成されました。

その先導役が父・尾形茂樹さんでした。

毎日,生徒の授業を参観してくれ、その都度、生徒たちに声をかけてくれる「おやじ先生」。 その意気に賛同して、かなりの父親が「おやじの会」に参加してくれました。
引用元 宮城のスクールナビ

教育現場で問題があると学校や教員に責任が追及されますが、率先してボランティアで子供たちにかかわるお姿は尊いですね。

なかなか出来ないことだと思います。

エピソード③高校時代

父・尾形茂樹さんは現在仙台育英学園高校のPTA会長を務めています。

また、仙台育英高校硬式野球部OB会の役員もされています。

昨年夏、今春、今夏に甲子園出場を決めましたが、学校やPTAサイドでは、応援にかけつける生徒さん達を無事に移動するための運営や様々な手配が必要かと思います。

樹人さんの活躍も原動力となり、持ち前の熱い思いで携わっていらっしゃるのではないでしょうか。

尾形樹人(仙台育英)のWikiプロフィールと経歴まとめ!ドラフト候補は野球への思いが熱い
仙台育英の捕手・尾形樹人(おがたみきと)は2度目の初優勝を目指しています。また9月1日からのU-18W杯の日本代表メンバーに幼馴染の高橋煌稀投手とともに選ばれました!数々の好投手とバッテリーを組む尾形捕手は、守備の指標は高く、投手や打者の分...

尾形樹人(仙台育英)と父親・尾形茂樹の現在の職業は?

現在、尾形茂樹さんはスポーツ用品の会社を経営しています。

登米友球ジュニアで使用されているスローボールマシーンは、茂樹さんの会社からリース提供されました。

お仕事でも野球と深くかかわる事業をされています。

まとめ

尾形樹人選手の父・尾形茂樹さんは仙台育英で硬式野球部に所属し、甲子園に出場経験がありました。

卒業後も野球を続けていたかは不明ですが、野球やスポーツをする人の支えとなっています。

また、ボランティアで地域の中学校の教育現場に携わるなど、人間味があり誰かの支えとなる生き方をされる方だと思います。

これまでも尾形樹人選手の野球人生に様々なサポートがあり、現在の活躍につながっていることと思います。

ご家族・地域・母校のために奔走される父・茂樹さん、これからもご健康でご活躍を期待致します。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました