橋本航河(仙台育英)の美人姉2人が勝利を呼ぶ!出身や仲良しエピソードと父親や母親はどんな人?

高校野球

仙台育英の橋本航河選手は今甲子園でも大活躍しています。

5試合で打率 0.579 打数19 安打11 打点5 盗塁3 と、高成績です。

応援席からの二人の美人姉の応援やご家族が話題になっています。

橋本航河(仙台育英)の美人姉2人の応援が勝利を呼ぶ!

出典元 MBCNews

橋本航河選手の美人姉妹が手作りのお守りを持って声援を送っています。

※左が次姉の「菜央さん」(21)、右が長姉の「幸音(ゆきね)さん」(23)

東北美人のお二人かと思いますが、広島出身です。

出典元 MBSNews

目のラインや鼻の雰囲気、優しそうな口元が似ていますが、二人の姉は美白美人ですね。

宮城県大会からも駆け付け、お姉さんの応援は本当に調子があがり勝利を呼びます。

須江航監督も、二人の姉を称しています。

出典元 読売新聞オンライン

「橋本航河はお姉ちゃんたちが応援に来るとよく打つんですよ~」
引用元 MBSNews

「お姉さんが来れば航河(選手)が打つ」と太鼓判を押す「幸運の女神」だ。

引用元 読売新聞オンライン

決勝戦では、姉ずのみなさんで最高の応援でした!

橋本航河(仙台育英)の出身地

橋本航河選手は広島県広島市出身です。

幸音さんは東京、菜央さんは広島に在住し仕事をしています。

宮城県大会から二人は東京、広島より駆け付け、幸音さんは東京から宮城県大会の全試合の応援をしていました。

二人の応援を力にし、超強豪・履正社戦での打率は0.667でした。

姉弟愛パワーは航河選手を活躍させ仙台育英を勝利に導いてしまいます!

二人の姉の熱い声援に、橋本航河選手も応えたくなりますね!

橋本航河(仙台育英)の家族構成とエピソード

出典元 読売新聞オンライン
左が長姉「幸音さん」、右が次姉「菜央さん」

橋本航河選手は、5人家族です。

父:橋本秀幸さん

母:橋本規子さん

長姉:橋本幸音さん(23)

次姉:橋本菜央さん(21)

弟:橋本航河選手(18)

橋本航河の姉・幸音さんと菜央さんとのエピソード

手にしているお守りは菜央さんが手作りし、試合の時は家族5人が身に着けて応援しています。

航河選手が広島に帰省すると3人で遊びに出かけ、航河選手の服を買う時は二人の姉が選んだりして仲がとてもいいです。

「私たちは社会人なんですが、一緒に青春させてもらっていて、弟には感謝しかないです」(幸音さん)
引用元 MBSNews

2人は「普段はかわいい弟だけど、大舞台で活躍する姿はかっこいい」と目を細め、「須江先生にそんなふうに言われたら、来ないわけにはいきませんね」と笑顔を見せた。
引用元 読売新聞オンライン

航河選手にとって二人の姉は大好きな存在ですね。

「自分が小さい頃から面倒をみてくれて、すごく優しいお姉ちゃんです。お姉ちゃんたちを甲子園の決勝戦まで連れていけるように一戦一戦頑張っていきたいです!」
引用元 MBSNews

周囲も幸せな気持ちになる姉弟愛ですね。

橋本航河の父・秀幸さんとのエピソード

出典元 朝日デジタル

橋本航河選手の父・橋本秀幸さんも高校球児でした

父・橋本秀幸さんは山口県の強豪校・宇部商業高校1年で、「1985年夏の甲子園」ではスタントでの応援していました。

宇部商業は決勝に進み、桑田真澄さん、清原和弘さんが3年時のPL学園に敗れ、準優勝でした。

航河選手が生まれ、小学生時代にソフトボールをしていた時に、宇部商業OBの父・秀幸さんと自宅で打撃の特訓がありました。

その後の航河選手は中学で府中広島2000(少年硬式野球)に所属しました。

全国大会でも活躍する選手となり、仙台育英に進学しました。

橋本航河の母・規子さんとのエピソード

お名前の「航河」は、「海外でも活躍できるスケールの大きな人に、心の広い人に」と母・規子さんが名付けました。

母・規子さんは広島市立二葉中学校の学校協力者会議委員長を務めて地域活動に貢献しました。

2017年1月、その学校協力者会議が「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰を受けました。

まっすぐな行動力が3人の子供さんに影響しているのですね。

橋本航河(仙台育英)は夏の通算最安打上位選手

実際に橋本航河選手は昨年に続き活躍し、夏の通算最多安打上位選手となっています。

夏の通算最多安打上位
順位 選手 高校/出場年 通算 内訳
1年・2年・3年
清原和博 PL学園(83-85) 27 7 10 10
桑田真澄 PL学園(83-85) 25 7 10  8
水野雄二 池田(82、83) 24  ‐ 12 12
大野倫 沖縄水産(90、91) 23  ‐  9 14
橋本航河 仙台育英(22、23) 23  ‐ 12 11

決勝戦では、PL学園の清原和弘さんの歴代最多安打の更新を狙っています。

橋本航河(仙台育英)はU-18W杯に選出

出典元 MBSNews

航河選手は、9月1日から台湾で行われるU-18 W杯に外野手として選ばれました。

二人の美人姉の有給休暇は尽きていそうですが、台湾まで航河選手の応援に行きそうですね。

まとめ

今回、決勝で慶応高校と対戦、歴代最多安打の更新を狙うのもちょっとした運命にありますね。

清原和博さんが活躍していた証ですが、そこに匹敵する実力者でもあります。

橋本航河選手の努力はもちろんですが、ご家族の温かい応援があってのご活躍ですね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました